新しい教材

のぞみがっこうはないないづくしの学校ですが、このたび
新しい教材が一つ増えました。

それは、かわいい絵入りのアルファベット表です。

みんな一緒に勉強できるこの表はとても画期的です。
先生は、ひとりひとりに同じことを繰り返し言わずに、
5人くらいを相手に教えることが出来ます。

もちろん、のぞみがっこうの「ウリ」はオーダーメイドのクラスですが、
ちびっ子たちはまだまだ体系だって一つの教科を
勉強した機会がありません。あっちでかじって
こっちでかじったことを一つずつ覚えている様子。
みんながみんなそんな感じだし、先生も1人(ちびっこ向け)
なので、こどもの数が増えるにつれて、
クラスの混沌度合いは拍車がかかってきていました。
ですから、はじめの1歩として、この表を使ってみんなで勉強して、
その後それぞれ、分からないところが違ってきたら先生に
ひとりひとり聞くこの方法で、こどもたちにとっても先生にとっても
少し、効率的な勉強が可能になりそうです。

英語は将来の幅を広げてくれます。インドは「英語の国」と
まことしやかに言われますが、スラムの子たち、
カーストの低い人たちは残念ながら英語はほとんど出来ません。
そこで、必然的に職業の幅も狭まってしまうのです。

今日のクラスは、2007年最後のクラス。テストももうずっと前に終わっています。
でもこのちびっこクラスは不思議と数が減っていません。
みんな、頑張って、楽しんで勉強するんだよー。

b0119809_2156146.jpg
すてきな教材を寄付してくれたおざわさんに感謝!
(samdra)
[PR]
by handstogether | 2007-12-23 22:02