スラムではじめたNozomi HT Gakkoの活動記録


by handstogether

のぞみがっこうの時間割

デリーも冷え込みが厳しくなってきました。
コンクリートばり、まどにガラスもないがっこうはかなり寒いはずですが
こどもたちの熱気にあふれて寒さを不思議と感じません。

今日はのぞみがっこうの時間割(?)についてお話します。のぞみがっこうは
「オーダーメイド」補習校なので毎回毎回違いますが、だいだいこんな
感じで進みます。

17:15分ころ~ばらばらとこどもたちが集まりはじめる。
   友達と来る子、ひとりで来る子さまざま。
17:30分ころ~授業開始。好きな場所にそれぞれこどもたちは
   座って、ここで先生が出席表に記入して授業開始。(ちなみに、
   出席表は今まちださんとSanyam-jiで改定中。とっても素敵な
   デザインで出来上がりそうです。)
出席記入後~思い思いに勉強。高学年くらいの子たちは学校の宿題を
   やりながら分からないことを聞いたり、授業で分からなかったことを
   聞いたり。数学が得意な子は日本の高校生がとくような証明の問題を
   ひょいひょいといています。ちびっこたちは勉強のまねっこ。
   もっぱらアルファベットを書いたり、簡単な足し算、引き算をしています。
19:00ころ~お母さんが迎えにきて帰ったり、今日の分を終えて帰る子が出てきます。
19:30ころ 授業は終わり。だけど、だいたいこども達は40分くらいまでは粘っています。
   あと は、帰る前に宿題を出して欲しいとねだる子が沢山います。
   先生はノートに問題を沢山書いてあげると子供たちは嬉しそうにそれぞれの
   宿題を持って帰ります。

のぞみがっこうの電気を消して、先生たちも帰ります。

イメージとしては日本の「寺子屋」に近いかもしれません。月曜日から土曜日。
17:30~19:30の毎日2時間。今日ものぞみがっこうからはこどもたちの元気な
声が聞こえます。

b0119809_171512.jpg

この窓の向こうをのぞきに来ませんか?
(samdra)
[PR]
by handstogether | 2007-12-12 01:13