スラムではじめたNozomi HT Gakkoの活動記録


by handstogether

2010/11年度の期末テストの時期です。

インド首都デリーは暑い夏の時期に入ってきました。今日の最高気温は33℃。

灼熱の夏日が続く5月には公立学校は夏休みに入ります。

現在はその直前、期末テストが終わる時期です。

わたしたちHands Togetherの運営する補習校は、献身的な教師陣に支えられ、元気に運営をしています。

サンヤム代表からの運営報告を以下のとおりお伝えします。

(1)Nozomi HT Gakko
【所在・概要】
住所:Bhanwar Singh Camp, behind D-Block, Vasant Vihar, New Delhi
活動内容:補習校運営(週6日 17:30~19:30)
運営費用:年間30万円(HTメンバー拠出、日One Step Fund拠出、個人寄付)

【本年度活動概況】
●生徒数:
現在162名の生徒が登録。
このうち、実際の出席者119名(週1・2回不定期に出席する生徒含む)は以下の内訳です。

【就学前】
KG 50名
【初等】
Class1 12名
Class2&3  10名
Class4&5  12名
【上級初等】
Class6&7  10名
Class8   7名
【中等】
Class9   6名
Class10 7名
--------------------------------進学統一試験
【上級中等】
Class11&12 4~5名
--------------------------------進学統一試験

●生徒の学力状況:
・Nozomi Gakkoで学んでいる生徒のうち70%が1学年上に昇級したものの、30%は留年となりました。
留年生の多くは、夕刻の水汲み作業や、共働き家庭での家事手伝いが理由で、Nozomi Gakkoになかなか通えず、週1~2回不定期に来れるか、来れないか。。両親の理解と子どもの意欲がとても大切であると痛感しています。

・統一試験に備えるClass10以上の生徒には、教務主任のDada先生と、若いBharat先生(同スラム出身)が専属で教えています。教室も限られており、初等の生徒なども一緒にいると勉強がはかどらないため、Bharat先生は補習校の終わる19:30以降も引き続き生徒に付きっきりで、補習サポートをしています。
統一試験の結果は、今年6月には発表される見込みです。

●全体運営:
・全体運営は大きな問題に直面しています。昨秋以降、補習校運営の現場を管理するプログラム・コーディネーターが空席になっているのです。教師の授業状況や生徒の学習状況のフォロー、両親との対話、補習に必要な教材等の購入といった、現場のきめ細やかな対応ができなくなっています。
結果として、Nozomi Gakkoに安定してこれない生徒が増える、留年生が増える、といった事態が生じていると考えています。

・Hands Togetherでは現在後任のプログラム・コーディネーターのリクルートを進めています。インドではインフレが進み、雇用給与水準も上昇しており、大卒の有能な人材を確保するのはとても大変ですが、5月までには新任コーディネーターを雇用したいと考えています。

●その他:
・デリーの冬は冷え込みますが、今冬は、オーストラリア大使館からの寄贈により、Nozomi Gakkoの生徒向けに、冬季防寒用の帽子・セーターなどを配布しました。

(2)HT Educational Programme
【所在・概要】
住所:Sanjay Gandhi Camp, Chanakyapuri, New Delhi(大使館街のシンガポール大使館と鉄道博物館の間に所在するスラム)
活動内容:補習校運営(週6日 17:30~19:30)、パソコン研修運営(週6日 10:00~18:00)
(同スラム内に2ヶ所の補習校を運営していたが、一部居住区の政府による強制収用に伴い、スラム住民が補習校運営場所に移転し、現在1校運営停止。)
運営費用:年間100万円(ニュージーランド大使館ほか拠出)

【活動概況】
●全体運営:
・補習校1校およびパソコン研修運営を順調に行っています。
しかしながら、補習校の教務主任であったAnitaさんが交通事故に遭い、職場復帰は困難な状況になり、残された先生により運営しています。

・これまで継続的な支援をいただいていたニュージーランド大使館、ベルギー大使館、スペイン大使館は、強力な支援者であった大使がそれぞれ離任され、新年度の資金調達が課題になっています。

・なお、プログラム・コーディネーターは、Nozomi GakkoとこのHT Educational Programme両方を管理するべく、リクルートを行っています。

(文責:Ken)
[PR]
by handstogether | 2011-04-02 14:05